下北沢駅の変化に、人々は迷っていました。 13.03.23, 16:48
img13030005_1img13030005_2img13030005_3
小田急線の下北沢を挟む 3駅が、今朝の始発から、地下に入りました。

これは、小田急線の「複々線化」( 輸送力の増強 ) と「連続立体化」( 開かずの踏切解消など ) の大事業の途中の一つのステップの出来上がり ( 切り替え ) です。

これから、使わなくなった地表の線路を撤去し、浅い部分の地下線路 ( 完成後に、急行専用と各停専用の線路を分離 ) を造り、その後に地表を埋めて、新駅舎や、世田谷区が駅前広場などを造り、約 7 年後あたりにすべてが完了する予定です。

地表の最後の電車と別れを惜しむ人たちで、昨夜の終電時刻には、ホームも駅前踏切も、溢れんばかりの様子でした。

先週の渋谷駅の東横線ほどの混乱はありません ( 規模が違いますので ) が、事故が起きずに、地元の者としては、ホッとしております。

今日は、仮駅舎から見える旧駅舎や線路を撮影するアマカメラマン・乗り換えに迷う乗客などで、駅中も駅前も大分混乱しました。

写真は上から、
● 昨夜の別れを惜しむ人たち ( フジテレビの画像から )
● 今日の下北沢仮駅舎前 ( 新南口 )
● もう見られなくなる 地表を走る一昨日の電車 ( 梅ケ丘駅より ) です。
by 吉田  
忘れてはならないこと ! 13.03.11, 06:42
あの忌まわしい「東日本大震災」から今日で、まる 2年になります。
ここ数日、テレビでは、当日の恐ろしい映像・依然として大きく遅れている復旧の現況・避難生活の辛さ・置いて来た自分の家や町に戻れるのか、特に高齢者の諦めにも似た心境、などを報じています。

大勢の心からの義援金が「有効に活きていない」ことも、報じられています。

昔の話になりますが・・・ 。
68年前 ( 昭和20年 ) の昨日、米軍による「東京大空襲」があり、東京は非常に大きな被害を被りましたむ。

私は終戦の時、小学校 ( 当時は 国民学校 ) 4年生、長野に集団疎開をしていましたが、終戦の3ケ月後に東京に戻り、人々の口からやニュース映画
( 当時はテレビは無いので、映像はほとんど映画館のニュースで見る ) などで、「東京大空襲」のもの凄い有様を見聞きしました。

東京とその周辺の空に、B29 爆撃機 300 機以上が飛来し、落とした 焼夷弾が、 何と 100万発・死者 30万人、と聞いています。

東日本大震災は「天災」ですが、その後の「原発事故」や空襲は「過失・対策の不充分さ・闘いの人の手によるもの」で、再び繰り返さないことは、決して不可能ではないものです。

世代が代わって行く、人々の記憶が薄らいで行く、ことのないように、しなければなりません。 
それが亡くなった方々への、生き残った者たちの責任である筈です。
by 吉田   全般
 改めて、競馬の難しさ思い知らされました。 13.03.04, 05:55
一昨日の土曜日に 阪神競馬馬で「桜花賞」の出走権を賭けた 3 歳牝馬レース「チューリップ賞」が、昨日の日曜日には 中山競馬馬で「皐月賞」の出走権を賭けた 3 歳牡馬レース「弥生賞」がありました。

どちらのレースも、そこまでのプロセスや成績の良い 2 頭の主役がおり、その 2 頭が他を大きく離した人気になっていました。
両レースとも、「一騎打ちで、どちらが勝つか」が話題となっていました。

ところが、牝馬 チューリッブ賞では、その 2 頭の大人気馬が、7着・9着に敗れ、牡馬 弥生賞では、その 2 頭の大人気馬が、3着・4着に敗れ、両レーとも「 馬連 5,070 円・ 52,300円 の大波乱 」となったのです。

終わってみて ( 競馬歴 58 年も、無理した費用を使わずに 楽しんで来られている「自称名人」の私でも ) 、 未だ キャリアの浅い 若馬のレース ( 大勢が予想した程の力の違いが 未だ解らない段階での ) の難しさを、改めて、 つくづく思い知らされました。

それほど、この両レースまでの 各 2頭の成績が優秀であったりのです。
どちらかの 1頭は 3着 に落ちることはあっても、2頭とも連に絡まないとは・・・・。

でも、「 難しいから、また面白い 」のでしょう。
by 吉田   全般
 改めて、競馬の難しさ思い知らされました。 13.03.04, 05:53
一昨日の土曜日に 阪神競馬馬で「桜花賞」の出走権を賭けた 3 歳牝馬レース「チューリップ賞」が、昨日の日曜日には 中山競馬馬で「皐月賞」の出走権を賭けた 3 歳牡馬レース「弥生賞」がありました。

どちらのレースも、そこまでのプロセスや成績の良い 2 頭の主役がおり、その 2 頭が他を大きく離した人気になっていました。

ところが、牝馬 チューリッブ賞では、その 2 頭の大人気馬が、7着・14着に敗れ、牡馬 弥生賞では、その 2 頭の大人気馬が、3着・4着に敗れ、両レーとも「 馬連 5,070 円・ 52,300円 の大波乱 」となったのです。

終わってみて ( 競馬歴 58 年・無理した費用を使わずに 楽しんで来られている「自称名人」の私でも )、 未だ キャリアの浅い 若馬のレース ( 大勢が予想した程の 力の違いが 未だ解らない段階での ) の難しさを、改めて つくづく思い知らされました。

それほど、この両レースまでの 各 2頭の成績が優秀であったりのです。
どちらかの 1頭は 3着 に落ちることはあっても、2頭とも連に絡まないとは・・・・。
でも、「 難しいから、また面白い 」のです。
by 吉田   全般
弥生 3月 になりました。 13.03.03, 07:53
1日・2日と、風の強い日が続きました。
東北では、新幹線の脱線をはじめ、いろいろと事故や記録的な積雪がありました。
季節は不思議なもので、月が変わって、大分暖かくなりました。

今日は「桃の節句」なのですが、今年は、お雛様の TV - CM が 少なかったように感じます。
小さな女の子の居ない家庭の 私の気のせいでしょうか。

安倍総理がオバマ大統領と交わした「 TPP の約束事の真の意味合い・内容」が、良く判りませんが、与党・野党とも賛否両論がまとまるのでしょうか。

私たち一般国民には「是非を考える」ことも出来ないように、ほとんど内容や、参加した場合の 進展過程などが、まるで解っておりません。
非常に気にかかります。

「アベノミックス」に於いても 然りです。
私たち一般国民の生活に余裕が出るのは「何年後になる」のでしょうか。
収入が増えずに支出が増えることを「我慢するのは何年間くらい」なのでしょうか。
全く、国民に向けての「解り易い説明」がありません。
やはり、非常に気にかかります。
by 吉田   全般
end of entries.