後々の記憶に残る 死闘のレースでした。 12.11.26, 11:58
img12110006_1img12110006_2
昨日、東京競馬場で、12 万人の観客を迎え、ジャパンカップ・レースが催されました。
私は運良く、いつもの指定席の近くの席券を手にしましたので、混雑に押されずに、ゆっくりと観戦ができました。

今朝のスポーツ新聞各紙に書かれていますが、現役最強馬・オルフェーヴル ( 昨年の 牡3冠馬・現在では 5冠馬 ) VS 今年の 牝3冠馬・ジェンティルドンナの闘いが注目されましたように、最後の直線では、この 2 頭の激しい死闘 (ぶつかり合い ) になり、長い時間の審議の結果、ジェンティルの勝ちが決定しましたが、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい内容でした。

両馬とも同馬主 ( 私の属しているサンデーサラブレットクラブ ) ですが、
出資者・調教師・騎手などにとっては、賞金・名誉等々が全く違いますので、関係者はヤキモキしたことと思います。

3歳牝馬ながら、歴戦の先輩牡馬に競り勝ったということに、賞賛そのものを贈ります。

写真は、私の席から写した「スタート直後」と「最後の直線ゴール200m手前」のもです。

ジャパンカップは、第1回から昨日の第 32 回までほとんどを、現場で見て来ましたが、昨日のレースは、後世の語り残されるレースでしょう。

人気通りの結果になりましたが、このような 超大レースには、日頃、馬券を買わない人も買うことがありますので、当たった人も多く、良かったと思います。
by 吉田   全般
政治を、誰に託したいか。 12.11.15, 06:49
私が理事長を務めている「下北沢南口商店街」の HPの「理事長の部屋」に書きましたように、12月16日の衆議院議員の投票で、誰に投票するか、誰に ( どの政党に ) 政治を託するのか、非常に迷います。

昨年のある選挙のときに私がとったように、投票場には行き、白票を投じよう ( 非常に残念ながら、託したい候補者がいない ) かとも思っています。

しかし、それは無責任なのか、その後は意見を述べる資格がないのか、自問しております。
by 吉田   全般
小江戸川越の町へ行って来ました。 12.11.13, 07:20
img12110004_1img12110004_2
12 日、町会の団体バス行動 ( 35名 ) で、午前中は「池袋防災館」で 防災訓練 ( 耐震体験・AEDの扱いなど、いろいろな体験訓練 ) を行ない、午後は そのバスで「川越の町の散策」に行って来ました。

私は この町を訪ねるのは初めてでしたが、川越祭りの「櫓だし」( 正式名称 は ? ) を説明を聞きながら見たり、喜多院を拝観したりして、この街の歴史を強く認識し、また、町並みの観光客に向けた想いを感じ、高人気の理由を知りました。

何時の日か、私にとって、街づくりについての 何らかの役立つことにつながれば ・・・、と思います。
by 吉田   全般
おはようございます。 12.11.09, 06:01
今日11月9日は、私の誕生日、77歳を迎えました。
「喜寿」の祝いです。

今日は今から,ある団体のゴルフコンペで、富士山の裾野まで出かけます。
元気に喜寿を迎えられたことに、いろいろな方・いろいろな事に、感謝・感謝です。

今後も少しでも長く、まともな物事の判断・意識・行動がとれるよう、体調の管理に一層留して行く事を、改めて自己意識する次第です。
by 吉田   全般
横浜へ行って来ました。 12.11.08, 05:57
img12110002_1img12110002_2
昨日 ( 7日 ) 、地域の役員たちの研修会があり、貸し切りバス2台の大勢で、横浜の「東京ガス・環境エネルギー館」と「海上保安庁資料館」に行って来ました。

途中、アメリカ大統領選挙の速報に耳を傾けながら、秋晴れ快晴の横浜中華街で食事をしたり、散策もしてまいりました。

中華街は予想以上に人出が少ない ( 特に団体客が少なく、バス駐車場はガラ空き ) のが気になりました。やはり、不景気の影響なのでしょうか。
( 写真・中華街関帝廟 )

海上保安庁の資料館では、領海についての展示が以前より増えており、最近の領海問題の重要さを訴えていたように感じました。
by 吉田   全般
日光はもう初冬でした。 12.11.03, 04:52
img12110001_1img12110001_2
急に、どうしても「紅葉の竜頭ノ滝」が見たくなり (テレビの旅行番組の影響で) 、昨日 (12月2日) 日光に行って来ました。

平日なのに、中禅寺湖までのバスや、明智平のロープウエイなどは、満員・行列待ちで、予想外の人・人の多さでした。

中禅寺湖畔・男体山・華厳の滝・奥日光などのあたりは、紅葉も終わり、もう初冬の景色でした。

快晴なのに、雪のようなものが舞っており、寒い日光でした。
by 吉田   全般
end of entries.